ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 3

マスター杉本について

マスター杉本 : 杉本正毅
略歴

1979 東京医科大学卒業

1979 国立東京第2病院内科(現、国立東京医療センター)
膠原病の臨床と研究、糖尿病の臨床に従事しました。

1986 順天堂大学内科学教室(膠原病、血液、代謝・内分泌)
膠原病の基礎的研究に従事し、学位を取得しました。
臨床では膠原病、血液疾患、糖尿病を担当。

1989 順天堂大学附属静岡病院・内科講師
血液内科認定医として、血液疾患の臨床に従事する傍ら、糖尿病教室も
担当していました。

1996 (財)伊豆保健医療センター内科科長
地域医療の面白さを存分に味わいました!地域のヘルスプロモーション
活動に関わり、地域に根ざした医療を実践していく喜びを知りました。
もちろん、糖尿病患者会活動も活発に行っていました。
そして、糖尿病医療の虜になっていきます。

2003(医)壮幸会 行田総合病院内科部長
伊豆での単身生活にピリオドを打ち、東京で家族と暮らすことを決断し、
埼玉県の勤務医師となります。

2005(医)同愛会 熊谷外科病院・糖尿病センターセンター長
糖尿病センターを開設させていただきました。

2007 「糖尿病心理研究所」の開設

2014 「バイオ・サイコ・ソーシャル糖尿病研究所」に改名

現在、東京衛生病院教会通りクリニック、あやせ循環器クリニックで嘱託糖尿病専門外来を担当している。

趣味  読書(好きな作家:村上春樹)
映画(サイコ・サスペンス、ラブストーリー、コメディーなど何でも)
マスター杉本からのご挨拶(2007年10月当時の挨拶)
私は今、糖尿病診療に従事することが自らの天職であると考えるようになりました。
しかし、ここに至るまでには、略歴で述べた通り、随分と遠回りをしてきました。
大学病院を離れ、地域の一般病院に勤務するようになって、アカデミズムを追求し、
研修医を教育する大学病院の医師として診療しているときには気づかなかったことが
見えてきました。
特にエンパワメント・アプローチとの運命的な出会いが医師としてのスタンスを変える
大きな転機となり、その後のナラティヴ・アプローチとの出会いに繋がりました。
ナラティヴ・アプローチは、単に職業人としての姿勢にとどまらず、
私の人生すべてに決定的な影響を与えることとなりました。
今、私はナラティヴな医療実践をすることを、これからのライフワークと考えています。
このサイトを訪れてくださったすべての皆様とともに、「糖尿病者として生きること」
「医療人として生きること」、そして「自らのストーリーを生きること」等について、
考えていければ・・・と思っています。よろしくお願いします。

あらためて ご挨拶(2015年10月)

ナラティブ・メディスンに基づく糖尿病診療を探求する内科医師。12004年10月ナラティヴ・アプローチとの運命的な出会いを契機に、2007年生物心理社会モデルに基づく糖尿病診療の実践・啓蒙をめざして『バイオ・サイコ・ソーシャル糖尿病研究所』を設立。生物医学モデル一辺倒の医療から患者の自己管理能力、食文化、ライフスタイル、人生観など個人がもつユニークネスを尊重する医療の実現をめざし、週5日の専門外来を担当する傍ら、執筆および講演活動を行っている。専門領域は患者教育であり、特に食事指導や基礎カーボカウント指導に基づく薬物療法の最適化に力を注いでいる

No Comments

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.