ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 2

リアルワールドにおける糖尿病薬物療法(9/4)

9月 3rd, 2017 · No Comments · お知らせ

9月4日、東京ドームホテルで予定されている講演会の告知です。

ある糖尿病薬がリアルワールドで効くかどうか?は「医師ー患者関係」「患者への説明モデル」「患者の物語に基づいてエビデンスを活用しているかどうか?」が重要ではないかと思います。

処方に賦与する『物語』が薬効を決める!?

処方をするときに、その患者さんの状況、気持ちを踏まえ、処方にどんな物語を賦与するか!で、その薬と患者さんとの関係性が決まります。そして、それが薬効に繋がるのではないかと思います。そして、これこそ RCTとリアルワールドとの違いではないかと考えています。

SGLT2阻害薬は「減量」「血糖改善」「心血管イベント抑止」といった様々な側面をもった薬剤です。従って、それぞれの患者の病態によって、SGLT2阻害薬の果たす役割は異なります。それに合わせて、どのような「物語」を賦与したら良いのかについてお話ししたいと思います。

もちろん『薬効』は医師−患者関係によっても大きく異なる訳ですので、それについても簡単に触れたいと思います。

その上で、服薬コンプライアンスを改善するために必要なことは何か?について、皆さんと考えてみたいと思います。
そして、最後にSGLT2阻害薬の活用例を、患者さんへの説明の仕方とともに解説してみたいと思います。

講演会タイトル

HCCQの結果.001

悪循環.001

好循環が始まる.001

Tags:

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.