ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 2

ものがたり塾セミナー報告:「ナラティヴ」「哲学」「倫理」から最善の医療を考える

8月 22nd, 2017 · No Comments · ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味)

2017年8月19〜20日の2日間のセミナーにプレゼンターとして参加しました。
今回は「ナラティヴ」「哲学」「倫理」という3つの立場から、最善の医療を考えるセミナーでした。
私は「ナラティヴ」の立場から、琉球大学地域医療部所属・臨床倫理士・倫理コンサルタントの金城隆展さんは「倫理」の立場から、また岩手大学人文社会学科・准教授 音喜多信博先生は「哲学」の立場から発表されました。
折角の企画なので、3人の発表をごくごく短くまとめてみました(不十分なまとめで申し訳ありません)。

■大切なことはみんなナラティヴが教えてくれた<ナラティヴの立場>(杉本)

今回の狙いはナラティヴ・アプローチの背景にある社会構成主義を説明し、モダニズムとポストモダニズムの関係を理解した上で、Not knowing approach(無知の姿勢)を説明することでした。ちょっと欲張りすぎて、最後に準備した「糖尿病性網膜症で失明したTさんとの出会い」という事例検討に十分時間をかけられなかったことが悔やまれました。最後までお付き合い下さった皆さん、有難うございました。

■ガイドラインを哲学する〜日本老年医学界のガイドラインとその倫理的背景(音喜多信博先生)

倫理とは、簡単に言うと
1)本人の意思尊重
2)本人にとっての益・最善:延命、苦痛の緩和、QOLの向上etc。
3)社会的視点での適切性

いのちについて どう考えるか?

fullsizeoutput_1fe3

「本人の人生をより豊かにし得る限り、生命はより長く続いた方が良い」というくだりを読んで、糖尿病学会の治療目標も 「健常人と同様なQOLを保ち、健康人と変わらない寿命を全うすることにある」というだけでなく、もう少し分厚い記述があれば良いなぁと思いました。

意思決定のプロセス

fullsizeoutput_1fe4
意思決定のプロセスにおいて、医師は「生物学的命(biological)」について語り、患者家族は「物語られるいのち(biographical)」について語り、合意形成をめざすという表現にこころから納得しました。

家族もケアの対象

fullsizeoutput_1fe5
終末期からグリーフケアは始まっているという言葉に深く納得!

■踏み止まる倫理(金城先生)
金城さんはまず中絶論争をテーマにした『ヴェラ・ドレイク』という映画の内容を解説。「善意溢れる主人公の女性が善意から行った行為の中に悪が潜んでいる」というテーマについて解説。私たちが生きる現実はしばしば「善なる行為の中にも悪が潜み、悪なる行為の中にも善が潜んでいる」。善と悪とは簡単に線引きができない。だからこそ、善と悪の二項対立ではなく、『善』にも『悪』にもくみさずに踏み止まることが大切であると解説してくださいました。金城さんの講演はいつも通り、動画や音楽を駆使した、愛と情熱に溢れたプレゼンテーションでした。まるで、みんなを元気にする魔法使いです。

■最後に

八幡平の美しい自然の中で、楽しくて充実した2日間を過ごすことができました。
最後に雲の上に顔を出した岩手山の写真をお目にかけて、報告を終わりたいと思います。

IMG_1326

Tags:

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.