ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 2

「まじめに服薬しているのに効果が出ずに落ち込んでいる患者さん」を励ます

1月 21st, 2017 · No Comments · 糖尿病療養指導

糖尿病患者さんが真面目に頑張っているのに、なかなか血糖コントロールが改善せず、落ち込んでいる患者さん、結構いますよね。真面目な方であればあるほど、落ち込んでしまうものです。今回は、そんな患者さんに僕がどんな風に声をかけているのか、書いてみたいと思います。

「なかなかA1cが改善しませんね。なぜ、血糖コントロールが改善しないのか、その理由を一緒に考えてみましょう!
一般原則を言うとこうなります。あなたの食事管理の中に是正すべき問題点があれば、薬を変更したり、増やしたりする前に食事管理を改善することを優先します。

でも、もしもあなたの食事管理にまったく問題がないのにA1c値が改善しないとしたら、それは・・・、あなたに薬を処方している私の責任です。つまり、現在のお薬が、あなたの病態に適していない。だから改善しないのだということになるんですね。

そしたら『こらぁ!いい加減にせぇ!』と、私を叱って下さい。この場合、どんなお薬があなたに最適な薬なのかをもう一度調べ直す必要があります。その一番有効な方法が3日間・7ポイント血糖測定です。3日間・計9食の食事記録と1日7ポイントの血糖測定をしていただきます。

そして、その血糖パターンから【空腹時高血糖型】であれば、空腹時血糖値を改善する薬を増量または追加します。また【食後高血糖型】であれば、主に食後血糖値を改善する薬の中から次に使う薬を選びます。この方法の良いところは、こうして3日間・9食の食事記録と食前・食後の血糖測定をしていただくと、食事が原因で血糖値が改善しないのか、薬があなたの病態に合わないから血糖値が改善しないのか?ということも同時に判断できることです。

どうでしょうか?あなたもチャレンジしてみませんか?」

■解説

筆者の日常診療の様子を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
落ち込んでいる患者さんには多少ユーモアを含む指導をした方が良いのではないかと考えました。
「療養指導は楽しく!」が筆者のモットーです。楽しく対話していくためには、患者さんのライフスタイルや考え方を尊重し、自己決定を共有することを心がけることだと思います。

Tags:

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.