ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 2

糖質制限食ブームの現代に“食べることの意味”を問う良書

12月 6th, 2016 · No Comments · 医療人類学(病い体験、illness), 糖尿病食事療法

磯野真穂著『なぜふつうに食べられないのか:拒食と過食の文化人類学』

インターネットが普及し、臨床疫学成績や専門家の見方が大きな影響を与えている。磯野真穂氏はその著書『なぜふつうに食べられないのか』の中で、こうした社会が

    「概念」が「体験」を否定する生き方を生み出す危険性

をきわめて的確に論評している。

糖尿病臨床に従事する医師として、私は糖質制限食へ向かう人たちに注目してきた。
その中にはその食事管理法で良い結果を生んだり、自分らしい生き方を見つける人もいるが、そうでない人々もいた。
本書の中の一節を引用したい。

食べ物についての栄養学的な知識の増加に伴い、田辺が吸収させてよいと考えるものはどんどんと少なくなった。彼女にとって食べ物はもはや「食べたい/食べたくない」ではない。それは、彼女の厳格な健康観に基づいて、「吸収させることを許す/許さない」のいずれかで判断されるようになったのである。

磯野真穂氏は科学的な見方だけで、食を論ずることの危険性をきわめて的確に論評している。糖質制限食に向かう当事者にも、血糖管理を優先する立場から糖質制限食を推す医師、そして栄養バランスの立場からそれを強く非難する管理栄養士にも、文化という立場から食を考えることの大切さを強調したい。

最後に本書から以下の2つを引用したい。

ここまで紹介した女性たちの語りを見ると、食べ物と人生の意味が硬直化し、流動性を失っていることがわかる。食べ物や人生に自ら意味を見いだすことをやめ、他人の作った意味にただ従属していることが分かる。

食のハビトゥスを捨てるということは、自らの人生の軌跡の中で作り出してきた食べ物や生き方に関わる意味付けを放棄し、他人の作り出した意味に従属して生きることと同じなのである。<引用終了>

私の糖尿病食事指導の中心テーマはいつも「あなたが自分らしく食べることと糖尿病管理を両立させること」である。しかし、それはとても難しいことであることをあらためて痛感した。

Tags:

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.