ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 2

『ナラティヴ・カフェ』として再出発します!

2月 7th, 2016 · No Comments · お知らせ

 私は2007年10月にDiabetes Cafeを開設して、糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチを探求しながら、患者さんやそのご家族と医療従事者が語り合う場を提供してきました。またさまざまな患者さんの疑問や質問にもお答えしてきました。しかし2015年10月1日をもってDiabets Cafeをひとまず閉店としました。閉店を決めた理由は色々ありますが、簡単に言うと、Facebook、TwitterなどのSNSが急速に普及し、多くの人々が自由に意見交換できるプラットホームが生まれたこと。そして、もう一つは(これが主な理由なのですが)自分の記事が「複雑で重層的な現実を分厚く描くことができていない」と感じたからです。現実は「多層的」であり、「多義的」です。しかし、多視的、多声的な観点から現実を分厚く描くことは至難の業です。そこで、Diabetes Cafeの閉鎖を惜しんで下さる声もたくさんいただきましたが、ひとまず「一区切り」を付けたいという思いから意を決して閉店しました。

 ここ3〜4年間はFacebookを主な活動拠点として、気楽な気持ちで日々感じることや思いついたことを綴ってきました。そして2015年暮れ頃から『ナラティヴ・カフェ』として再出発してみようかという思いが少しずつ芽生えてきました。『ナラティヴ・カフェ』で何をめざしたいのか?まだ漠然としているのですが、とりあえずはあまり気張らずに「医療におけるナラティヴ・アプローチ」について綴っていく、私自身の学習ノートのようなものをめざしたいと思います。Diabetes Cafe同様によろしくお願いします。

Tags:

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.