ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 2

医療コミュニケーションとエビデンス(今日のtwitterから)

3月 27th, 2019 · No Comments · twitter, 糖尿病療養指導

■医療者と患者のコミュニケーションはRCTの結果よりもインパクト大きい

医療者文化ではEBMの影響力は絶大。でも日常診療での実感はRCTの結果よりも医師のコミュニケーション能力の影響の方が遥かに大きいという現実。臨床家はEBMが無視している医療コミュニケーションに目を向けて欲しい。
学校の担任の先生が変わったら、急に学校の成績が伸びる児童がいる。慢性疾患のケアだって、それとまったく同じ。
食べ過ぎる患者に対して、叱責をしたり、さらに厳しい制限を加えるなんて、子の親を経験した大人とは思えない。

■厳しい指導よりコミュニケーションのあり方を再検討する方が得策

処方変更を嫌がる患者に向かって「あなたは肥満しているからSGLT2iを服用するべきだ」と上から目線向けるより、処方変更を嫌がる理由を尋ね、コミュニケーションのあり方を振り返る方が早道。

■知って欲しい医療人類学の視点

医療の平等化、医療の民主化を進めたい専門家は、患者の体験世界(illness)に目を向けて欲しい。
「病気」を診て、「人」を診ずって格言があるけれど、「人」を診るとは「病い(illness)を理解しようとすることですよ。

■医療コミュニケーションの効果は投薬や手術に匹敵する

特定のコミュニケーションのあり方が回復のあり方に影響するとすれば、そのとき、コミュニケーションは医療における副次的な存在ではなく、手術や投薬と並ぶ重要な医療的手段のひとつとなる。
野口裕二「ナラティヴと共同性」より

Tags:

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.