ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 2

ナラティヴ・アプローチによる禁煙支援

5月 29th, 2018 · No Comments · ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味)

5月27日「動機付け面接(MI)」のセミナーに半日だけ参加しました。その祭、禁煙支援の面接事例の演習を学習しました。そこで、MIのテクニックの考えも採り入れながら、思いつきですが、ナラティヴ・アプローチ(NA)による禁煙支援の実際を考えてみました。いかがでしょうか?

■医学モデルの相対化

患者と医師の立場の違いを超えるためには、医師自らが自分の解釈モデルに固執することを止め、それ(患者の考え)もひとつの考えと、自分の考えを相対化して、患者に示すことが、対話を発展させるためにとても重要です。

もしも皆さんが「喫煙は健康に悪い」と思いながら、相談者と接しているとしたら、あなたは心の中で無意識にこう思っている筈です。
「自分は正しくて、相手は間違っている。だから、なんとかそれを正さなくてはいけない」と。こうした「上から目線」は相手に無言のプレッシャ−となって伝わります。→MIでいうならサステイン・トークを誘発しやすくなります。
でも「喫煙は健康に悪い」という意見はあくまで【医学的観点】であり、それは様々な物差しの1つに過ぎないと考えて、喫煙者の生き方に十分に敬意を払いながら、患者さんと向き合うなら、2人の対話空間は大きく広がり、対話が促進されます。

■相対化スキルの対話例

例えば、こんな風に切りだしてみたらどうでしょうか?

「Aさんは心筋梗塞になってもタバコを止めたくないのですよね。私たち医療従事者はどうしても健康を中心に考えてしまうので、タバコを吸っている方を見るとついつい禁煙を勧めたくなってしまいます(^^;)。でも、きっと愛煙家の方にしか分からないタバコ愛というものがあるんでしょうね。もしも差し支えなければ、それを教えていただけませんか?例えば、ニュースキャスターの筑紫哲也さんはこんなことを言っていましたね。
「百害あって一利なしと言うけど、文化は悪徳が高い分、深い。(たばこは)人類が発明した偉大な文化であり、たばこの代わりはありませんよ。これを知らずに人生を終わる人を思うと、何とものっぺらぼうで、気の毒な気がしますね。肺がんに直結しているようだけど、たばこは引き金で、本当の原因はストレスなんです」

「タバコで死ぬのなら本望だ」とも受け取れる彼の言葉は負け惜しみのようにも聞こえますが、でも“究極のタバコ愛”の表明のようにも思える訳ですよね。

「Aさんは筑紫哲也さんの言葉に深い共感を覚えますか?それともAさんの場合は筑紫哲也さんとは違ったタバコ愛ですか?その当たりのお気持ちを差し支えなければ教えて下さい」

このように聴かれたら、本当の愛煙家なら、感動して、自分のタバコ愛をとうとうと語り出すかも知れません。中には「共感はしますが、私は肺がんになっても吸いたいとは思いませんね」という人もいるかもしれません(→MIならチェンジ・トークに繋げることができます)。しかし、中には「彼は私の気持ちを代弁してくれています。私がタバコを吸い続けざるを得ないのはまさにこのタバコ愛ですよ。でも、やっぱり彼も心の奥底では肺がんで死にたくはなかったと思いますね」と言うかも知れません。

■まとめ

このように愛煙家のタバコに対する「意味付け」が溢れ出すような対話を導くことに成功したら、仮にすぐに禁煙行動に繋がらなかったとしても、私たちの相手の説明モデル(禁煙継続の理由)に対する敬意が、患者さんに新しい気づきや新たな妥協点を見出す可能性を高めることができるのではないかと考えます。
このようにNAは「スキル」というよりは「態度・姿勢」が問われるアプローチと言えます。

長文にお付き合いいただき、有り難うごいざいました。

 

Tags: ·

No Comments so far ↓

There are no comments yet...Kick things off by filling out the form below.

Leave a Comment

You must log in to post a comment.