ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe

Diabetes Cafe:糖尿病診療におけるナラティヴ・アプローチ

ナラティヴ・カフェ Narrative Cafe header image 4

Entries Tagged as 'ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味)'

illnessという概念との出会い

2月 6th, 2016 · No Comments · ナラティブ・ベイスメント・メディスン, ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味), 医療人類学(病い体験、illness)

ナラティヴ・アプローチはさまざまな学際的な背景をもっていますが、医療人類学もその1つです。医療人類学では普通の […]

[Read more →]

Tags:

“患者中心”とは、どう患者と向き合うことなのか?

2月 2nd, 2016 · No Comments · ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味), 患者中心主義, 糖尿病療養指導

早起きして、「患者中心医療」について考えをまとめてみました。医療人類学の“illness” の概念など難しい議 […]

[Read more →]

Tags:

ナラティヴ・アプローチとの出会い

2月 1st, 2016 · No Comments · ナラティブ・ベイスメント・メディスン, ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味)

ナラティヴ・アプローチとの出会いについて書いてみたいと思います。 2003年来日していたTrisha Gree […]

[Read more →]

Tags:

「病いの当事者が良い物語を語るために大切なこと」(No5)

3月 26th, 2015 · No Comments · ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味), 医療人類学(病い体験、illness)

〜語りの原因としての経験〜 先週から「病いの当事者が良い物語を語るために大切なこと」という難解な連載をNo1〜 […]

[Read more →]

Tags:

「病いの当事者が良い物語を語るために大切なこと」(No4)

3月 22nd, 2015 · No Comments · ナラティヴ・アプローチ(病いの語り、意味), 医療人類学(病い体験、illness)

〜「語り」によって導き出された「知」は真実か?〜 以下、鈴木智之著:病いの「経験」とその「語り」(N:ナラティ […]

[Read more →]

Tags: ·